腹式呼吸で妊娠力UP!!(不妊鍼灸 整体 西宮市 尼崎市)

2019年06月18日

最近、スマホの普及やパソコンを使う仕事などが増えてきているせいか、猫背や姿勢が悪い人が増えてきています。

そのせいで、背中が丸まり息が吸づらくなり呼吸も浅くなります。

さらに、普段からこの姿勢でいると呼吸はどんどん浅くなっていきます。

胸式呼吸は浅い呼吸です。楽に呼吸ができる反面、新鮮な酸素を取り込みにくく、肺でのガス交換も十分にできません。

浅い呼吸が続いてしまうと、自律神経のバランスが乱れてしまい交感神経が優位になってしまいます。

対して腹式呼吸は深い呼吸で1回の呼吸で出し入れできる空気の量が、胸式呼吸のなんと3倍とも言われます。

少ない呼吸数でも多くの酸素を取り込めるので、肺や心臓への負担も減り、血圧も正常安定しやすくなります。

腹式呼吸で大きく息を吸ったり吐いたりすることで、胸郭や横隔膜の動きが活発になり、リラックス神経「副交感神経」が刺激されます。
妊娠力をあげるには、ストレスフリーなリラックスした状態を作ることが重要。

腹式呼吸は多くの酸素が肺の奥まで届くようにもなります。

そのため、酸素が効率よく体のすみずみまで運ばれます。

さらに横隔膜が上下に大きく動くことにより内臓がマッサージされ血流も良くなります。

血流が悪くなると子宮・卵巣も栄養不足で冷え切ってしまい妊娠しにくくなります。
つまり腹式呼吸ができるようになると血流や代謝がよくなり、自然と妊娠体質に!

 

~正しい腹式呼吸のやり方~

椅子に座るか仰向けに寝転がるなど、リラックスできる体勢を取り背筋を伸ばして鼻からゆっくり息を吸い込みます。

この時、へその下に空気を溜めていくイメージでお腹を膨らませます。

つぎに、口からゆっくり息を吐き出します。

お腹をへこましながら、体の中の悪いものをすべて出しきるように、そして吸うときの倍くらいの時間をかけるつもりで吐くのがポイントです。

回数は1日5回くらいから始め、慣れたら10~20回が基本ですがその日の体調などに合わせて無理なくやりましょう。

1回で多くの回数をするより毎日の継続が大事です!!

 

 

 

 

男性不妊の考え方 (不妊鍼灸 整体 西宮市 尼崎市)

2019年06月3日

ある医療機関によると、不妊の原因の約6割は男性側に問題があると発表されました。

最近はこの「男性不妊」がメディアでも取り上げられるようになり、以前と比べ男性も積極的に「妊活」「不妊治療」に参加する人が増えてきましたが、まだまだ女性まかせの人がいるのも現状です。

「卵の質を良くする」と同じように、「精子の状態を良くする」が妊娠するためには必要です💡

~精子の状態を良くするために~

⚠️禁煙

喫煙が生殖機能に及ぼすマイナスの影響については、これまで多くの報告がなされています。

喫煙は、勃起不全(ED)の原因ともなります。さらに 精子形成にも影響を及ぼし、精子の運動率を低下させたり、異常な形態をした精子の出現頻度を高める傾向があります。

⚠️ブリーフよりトランクスを

精巣付近の温度が高いと精巣の機能が衰えてしまいます。

ですから、下着は体温がこもるブリーフよりも、風通しの良いトランクスがおすすめです。

⚠️サウナに長時間入らない

高温のサウナは精巣を熱にさらすことになります。

熱くなったイスに座ると、精巣の温度がますます上がってしまうので気をつけて下さい。

⚠️ノートパソコンを膝にのせない

パソコンは熱を放出します。

膝にのせて作業をしていると、その熱が下半身に伝わって、精巣の温度が上がってしまうので、要注意です。

⚠️禁欲しすぎない

精子は常に生産されていますので、射精を多く繰り返すことで精子の量が減るということはありません

逆に禁欲期間が長すぎると精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなる傾向があります。

精子の生存期間はおよそ3日ですので、それ以上ためると、死滅精子(非運動精子)が増えてしまいます。

精子の質をよくするには、禁欲期間は1~2日くらいがよいと考えられます。

 

妊娠、出産にむけて何ができるのか、何をするべきなのか。

ご夫婦でゴールにむかい同じ方向をしっかり向いていくことが大切です。

男性不妊に対しての施術も行っております。

お悩みの方は一度当院にご相談下さい。

『糖質制限』はダイエットだけではない!!(妊活 不妊鍼灸 不妊整体 尼崎 西宮)

2019年04月8日

みなさん、『糖質制限』という言葉は聞いたことはありますか?

妊娠しやすい体質になるためには、日頃の食習慣が大きく影響してきます。

『糖質制限』という食習慣の言葉は当初、主にダイエットの分野を中心に広まりました。

実際に甘い飲み物やデザート類、ご飯(米)、パン、麺などの炭水化物である主食を抜くだけで、短期間に何キロものダイエットに成功した方も多いと思います。

 

実はこの『糖質制限』は妊娠のためにも有効なのです。

糖質制限のメリットに『糖化』を防ぐ効果があります。

糖化とは、タンパク質が糖と結合して変性してしまうことです。

これは、血糖値が140~160㎎/dl以上になると起こると言われ、タンパク質が焦げてしまうイメージです。卵子もタンパク質でできているからです。

卵子が糖化してしまうと、糖化は老化と意味しますので卵子の質に直結します。

実際に体内で糖化が進むと、卵巣機能の低下や体外受精の成績が低下してしまうということがあるみたいです。

 

糖化を防ぐためにも血糖値を必要以上に上げない食事を心がけましょう。

糖類を使った飲み物やデザートは極力摂らず、できれば炭水化物の主食もおかずを全部食べた後になるべく少量にすることをおすすめします。

また、果物に含まれる果糖はブドウ糖(炭水化物など)以上に糖化を促すので、できるだけ控えるようにしましょう。

 

しかし、やみくもに糖質制限をすることは要注意です!

 

過度なカロリーコントロールは妊娠を遠ざけてしまいます。

糖質制限を始めた人によくみられがちなのが、糖質制限に夢中になり過ぎて摂取カロリーがどんどん減ってしまい痩せすぎて反対に妊娠しにくい身体になってしまいます。

大切なのは糖質の摂り過ぎに注意しながら、タンパク質や質の良い脂質をしっかり摂ることです。

糖質を限りなく減らすことよりも『血糖値を急激に上げない食事をする』ことを意識する!!

これを忘れずに食事をしましょう。

ちょっとした努力が妊娠への近道になるかもしれません。

 

少しでも気になることがあれば、いつでもご相談下さい。

妊娠に向けての手助けは全力でさせていただきます。

一緒に頑張りましょう!!

 

 

まずは自分のカラダを知りましょう (尼崎市 西宮市 不妊鍼灸 不妊整体)

2019年01月16日

こんにちは。不妊鍼灸整体kukuna西宮院の山盛です。
2019年、新しい年になりました。今年も不妊鍼灸整体kukunaをよろしくお願いいたします。

年が新しくなると

「何か新しく始めよう!」

そんな気持ちになりますよね。

なかなか子供が授からないとお悩みの方も、
「妊活してみようかなぁ。」と始める方もいらっしゃると思います

「でも、何から始めたらいいの?」

そんなあなたに今回は何から妊活を始めたらいいのかお話していきます。

まずは自分のからだの事をもう一度考えてみましょう!

病院など専門的に調べなくても自分のからだの事を知ることができます。

まずは月経周期です。

あなたは毎月月経がきていますか?
何日くらいで月経がきますか?

月経周期ですが、妊娠しやすいからだを考えた時に理想は28日周期で月経がくるのが理想となります。

どうですか?

28日周期ですか?それとも短い?長い?

20日や22日くらいのように月経周期が短い方は卵子が未成熟のまま排卵している可能性があります。

逆に月経周期が35日や40日以上かかる長いタイプの方は、排卵するのに手こずり時間がかかっている可能性があります。

どちらのタイプの方にもいえることですが、短くなったり長くなっている方は「卵の質」が悪くなります!

次に自分のからだの事を知る方法として基礎体温があります。

基礎体温をしっかり測ることで、低温期と高温期ちゃんと2層になっているか、ちゃんと排卵しているか、排卵まで何日かかっているかなどを知ることができます。

低温期の時期に体温が高すぎたり高温期の時期に体温が上がったり下がったりガタガタの状態は「卵の質」が悪く妊娠しやすいからだとはいえません。

どうでしょうか?

妊活をするうえで何をしたらいいのか。
まずは自分のからだの事を知る事だと思います。

自分のからだの状態を知ることでこれから何をしていくべきなのか、何が必要なのかわかってくると思います。

私達は日々どうしたら妊娠するのかからだづくりを考えています。
あなたがどうして妊娠しにくいのか、どうすれば妊娠する事ができるのか、一緒に考えていきます。

どんな小さなお悩みでもお気軽にご相談下さい。

二人目不妊の予防 (不妊鍼灸 不妊整体 尼崎 西宮)

2018年12月17日

こんばんは。不妊鍼灸整体Kukunaの山盛です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

先日、初めて来院された患者様に

「ブログを見てKukunaにきました。」と言って頂いたので、今日も皆さんに情報を少しでも発信できたらと思います。

 

Kukunaには、妊活で来られている方だけではなく、

妊娠中の身体のケアの他、無事に出産され産後のケアにお越しの方もおられます。

 

妊活中にKukunaにお越しになり産後のケアに来て頂いている方だけでなく、

産後のケアに初めてKukunaにお越しになった方も多くおられます。

 

 

先日、私が産後ケアで骨盤矯正を担当している方がこんな事をお話になりました。

 

 

 

「実は私、不妊治療を何年もしていてやっと子供ができたんです‼」

 

「不妊専門のクリニックで検査したけど特に問題がないといわれたけどなかなか授からなくて…。

すぐってわけじゃないけど、2人目も考えてて、1人目に苦労したんで2人目もできるかどうか不安で…。

もう1人目の苦労は正直したくはないなぁとも思っています。」

 

 

妊活は本当にカラダも心もストレスがかかります。

 

「1人目の苦労は正直したくはないなぁ」

 

妊活がうまくいった方でもみなさんがそう思っているんじゃないかなぁと思います。

 

 

私は産後のケアにこられた方に

「なぜ産後のケアが必要なのか」お話させて頂くのですが、

その時に必ず「2人目不妊の予防」

のお話もさせていただいています。

 

これは妊活をしていた妊活していない関係なくすべての方に言えることですが、

産後ケアをしっかり行うことで2人目不妊の予防になります。

 

 

妊娠、出産で骨盤内の環境が大きく変わります。

 

開いた骨盤は内臓が下垂してしまうためうっ血しやすくなります。

また、骨盤底筋がのびた状態のままだと筋肉の動きが悪くなり血液循環も悪くなりそのっ結果ホルモンバランスも悪くなることもあります。

 

すべてが妊娠するためには不利になってしまいます。

 

産後のケアというと「腰の痛みが…」とか「スタイルが…」が気になるとこですが

骨盤ケアが妊活の第一歩にもなるのです‼

 

 

少しでも妊娠しやすい身体づくりは不妊鍼灸整体Kukunaにお任せください。

 

冬は妊娠率がアップする⁈ (不妊整体 不妊鍼灸 尼崎 西宮)

2018年12月8日

こんにちは。不妊鍼灸整体Kukuna西宮院の山盛です。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今年は暖冬?でしょうか。

わりと暖かい日が続いていますが、すでに12月。

季節的には冬に突入しております。

妊活をされている人はなんとなく冬になるのが嫌な方多いのではないですか?

冬になると寒くなりカラダが冷える。
妊活をするうえで冷えはNG!

こう思っている方が多いと思います。

しかし、冬の方が夏に比べて妊娠しやすいのご存知ですか⁈

カラダが冷えるのになぜ?

それは、冬の方が夏に比べて代謝が高くなるからです。

勘違いされている方も多いと思いますが冬の方が代謝が上がるんです。

冬は汗もかかないのに代謝って高くなってるの?

冬は気温も低くなりやはりカラダは冷えてしまいます。
だから、カラダは熱を生み出す為に夏よりも頑張って働き結果代謝が上がるんです。

妊活で大事なのは、カラダを冷やさない事よりも熱を生み出すカラダをつくる事です!

『カラダの外からあたためるのではなく、カラダの内側からあたためる』です。

カイロをカラダ中に貼りまくったり、夜寝る時の電気毛布や靴下など過度にカラダを温めることはカラダが熱を生み出す事をサボってしまいます。

良かれと思ってやった事がマイナスに働いてしまう事もあります。
自分のカラダをもう1度見つめ直しましょう。

正直妊活は中長期になる事が多くなります。

妊娠する為にはクリアしなければならない壁がいくつかあります。

クリアする為のカラダのづくり、私達と一緒に頑張りましょう!

 

不妊鍼灸整体Kukunaでは初回無料相談、無料体験を行っております。

今まで妊活をしていてなかなか良い結果が出なくて悩んでいる方、

なかなか子供が授からず妊活を始めようと思っている方、

一人目はすぐ子供ができたのに二人目はなかなかできずお悩みの方もお気軽にご相談下さい。

 

頭の中を変えましょう! (不妊鍼灸 不妊整体 西宮 尼崎)

2018年12月3日

こんにちは。不妊鍼灸整体Kukuna西宮院の山盛です。いつもブログをご覧いただき

妊活をされている方のサポートをやり始めて改めて感じる事があります。

『メンタルが及ぼすカラダへの影響は大きい』と。

『子供が欲しい!』

これってすごくポジティブな考えですよね。

でも、なかなか子供が授からない…。
『もしかしたら私は子供ができないんじゃないか…』

妊活をしているといつしかネガティブな思考回路に変わってしまうものです。

でも、これはある意味仕方のない事だと思います。

自然になかなか授からなくて不妊専門クリニックに行く。

『クリニックに行けばなんとかなる!』

しかし、検査しても特に異常はない。

タイミングから始める。

上手くいかないので人工授精をする。

上手くいかない…。

ステップアップで体外受精。

上手くいかない…。

ポジティブになれと言う方が難しいですよね。
本当に負のスパイラル状態です。

心とカラダのバランスも崩れてしまい上手くいくものも上手くいかなくなってしまいます!

「こんな負のスパイラルから抜け出す方法とは?」

それは、

『一人で抱え込まないこと』です!

「そんな事分かってる!」と言われてしまいそうですが、
以外とこれが原因で上手くいっていないケースが多いと思います。

あなたは悩みを誰に相談しますか?

旦那さん、親、友達、同僚。

でも、この妊活の悩みって相談しにくくないですか?

親には心配かけたくないし、友達や同僚にはあまり知られたくない…。
旦那さんは仕事も忙しくあまり聞いてくれない…。

自分で解決するため悩む、考える。

不安になり周りの妊活している人の情報が欲しくてネット検索、sns検索をする。
間違った情報に踊らされたり不安になりネガティブになっていく…

こんな時は

私達にご相談ください!

これからどうしていきたいのか、クリニックでの悩み、旦那さんへの不満、話をすることで1つひとつ不安を解消していきましょう!

きっと力になれるはず!

思い出してください。
なんとか子供が欲しくて妊活を始めた時、
クリニックを探していた時、

あなたはきっとポジティブだったはず‼︎

気持ちや頭の中が変われば意識も変わり行動も変わります。

そうすれば

きっとゴールに近づくはず!

病院選びどうしています? (不妊整体 不妊鍼灸 西宮 尼崎)

2018年12月1日

こんにちは。不妊鍼灸整体Kukuna西宮院の山盛です。いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

今日は不妊治療のクリニック選びについてお話しします。

Kukunaにお越しの方は、すでに不妊治療専門のクリニックに通院されている方が比較的多いのですが、これから妊活を始めようと思い、クリニックに行く前に鍼灸や整体でカラダを整えようという方や自分でタイミングをとっていたが上手くいかないのでクリニックに行こうかと悩んでいる方もお越しになります。

これからクリニックに行こうという方には「どのクリニックがいいですか?」
とたずねられる事がよくあります。

みなさんはどのようにクリニックを選んでいますか?

最近は不妊治療専門のクリニックも増え、皆さんいろんなクリニックに通院されています。

名前をよく聞く有名なクリニックだったり、職場の近くだったり自宅の近くだったり様々です。

クリニックを決めるポイントは色々あるのかと思います。

『治療実績が高い』ですとか『口コミの評判がいい』『待ち時間が少なく』『女性の先生』
いろいろありますよね。

どのやり方がよくてどのやり方が悪いというのはクリニックによって治療方針が違うと思いますので一概にこれがいいといえないと思います。

先生との相性もありますので行ってみないとわからないというのが正直なところです。

ただ、続けるかどうかのポイントは『不安なく治療ができるか』だとおもいます。

色んな検査をしたり薬を飲んだり注射をしたり、初めてのことだらけで不安になる事も多くなると思います。
そんな時にしっかりとした説明やケアがあり信頼して治療が受けれるかどうかが大事になってくると思います。

妊娠する為にはしっかりとしたメンタルケアも重要です!
Kukunaではそんな妊活中の不安が少しでもなくるようご相談にもおこたえしております。

ネットで検索はNGです!

間違った情報に惑わされず気になることはお気軽にご相談下さい。

 

不妊鍼灸整体 西宮

亜鉛は忙しい人の味方 (妊活鍼灸治療 尼崎 西宮)

2018年11月30日

亜鉛って何?と思われる方もいると思いますが、これはミネラルと言ってカルシウムや鉄と同じ仲間で、体内で合成されないので外部から摂取しなければいけません。

下記の項目をチェックしてみて下さい

●肉・魚介類をあまり食べない

●スナック菓子やインスタント食品をよく食べる

●食後にコーヒーや緑茶を飲む

●煙草を吸っている

●激しい運動をしている

上記で当てはまる項目の多い人ほど積極的に摂取してほしい栄養素です。

アルコールを分解する過程で亜鉛が消費されますので、アルコール常飲する人は注意ですね。

上記の内容から男性にも女性にも摂取してほしい栄養の1つです。

また亜鉛は、女性ホルモンの作用を高める働きもがあるため、妊娠を望む女性にも摂ってほしい栄養素。妊娠してからも胎児の成長に不可欠で、子宮がふかふかになる事で赤ちゃんの居心地のいい環境を整える栄養素と言われています。出産後、赤ちゃんはお母さんの母乳から亜鉛を摂取し免疫機能を整えてくれます。皮膚を守る働きもあるので赤ちゃんのアトピー性皮膚炎を防ぐためにも有効です。

 

 

亜鉛の含まれる食品で代表的なものは海のミルクと呼ばれるカキが有名です。他には煮干し、レバー、ウナギ、さば、あさり、たたみいわし、パルメザンチーズ  など。

毎日の食事で摂取するとなるとストレスになりますが、一週間の中で何度か小分けに食べることができるだけでもいいのではないでしょうか。

お食事で十分に摂しきれない栄養は良質なサプリメントを上手に活用して補いましょう。

栄養についての疑問はいつでもご相談下さい。

店頭では高品質のサプリメントを販売させて頂いてます。人工的な保存料・着色料などは使用していません。世界最先端の素材を使用し、高純度かつ高濃度。全国のドクターたちも使っているサプリメントです。

自分に必要な栄養素を知るいいきっかけとなりますね。

 

尼崎 西宮 kukuna

長時間のデスクワークによる肩こり、腰痛と妊活 (不妊鍼灸 整体 尼崎 西宮)

2018年11月20日

おはよございます。不妊鍼灸整体Kukuna西宮院の山盛りです
朝晩の冷え込みも厳しくなり体調を崩しやすい季節となりましたが皆さんは体調大丈夫でしょうか?

私は先日子供と一緒にインフルエンザの予防注射にいってきました

ちらほらとインフルエンザにかかってという声も聞こえてきますので皆さんもお気をつけ下さい。

今日は妊活と肩こりや腰痛の関係性についてお話します。

Kukunaにお越しの妊活を頑張っている方のお悩みの中でやはり多いのが、『肩こり、腰痛』です。
妊活をされている方だけではありませんが、長時間のデスクワークでの肩こり腰痛はもはや現代病ともいわれますが、妊活をしている人にも影響はあるのでしょうか?

妊活をしているとどうしても子宮がとか卵巣がとかの状態が気になりますが、実は肩こり腰痛も妊活には大きく関わってくるのです!

まずは肩こりや腰痛の原因となる姿勢が関係してきます。

猫背や骨盤の歪みなどがあると呼吸が浅くなってしまい、良い酸素がカラダのなかに入ってこなくなります。
骨盤などの歪みが大きいと内臓の動きも悪くなりやすく消化や吸収も妨げられてしまいます。

こうなると、『質の良い卵子』をつくるための働きも妨げられてしまいます。

姿勢だけではありません…。

 

こりや痛みがあるせいで筋肉が緊張してしまうと神経の伝達が悪くなってしまいます。

腰や骨盤の神経は子宮や卵巣につながっていて首の神経は脳につながっています。

その為、神経の伝達状態が悪くなると卵巣や子宮への命令がしっかり伝わらなかったり、脳が緊張状態で睡眠の質が低下してしまうとこれまた卵の質が低下してしまいます…。

不妊鍼灸整体Kukunaではお一人お一人のお身体の状態に合わせて施術を行い妊娠、出産を目指します。
どうすれば『卵の質を良くする』ことができるのか。
姿勢的なこと、栄養や食事面、いろんな角度からアプローチしていきます。

妊活を頑張っているがなかなかうまくいかない方、これから妊活をしようと思っている方も私達と一緒に頑張りゴールを目指しましょう!

 

 


1 2 3 4