基礎体温つけていますか? (尼崎 西宮 不妊鍼灸整体Kukuna)

2018年08月1日

月経周期は月経、卵胞期、排卵、黄体期に分けることができます。
通常ですと28日周期でこのサイクルを繰り返していくのが理想となります。

月経から排卵するまでを低温期、それ以降を高温期となり基礎体温にも変化があります。

妊活を頑張っている方、基礎体温を測っていますか?

毎日測らないといけないからストレスになる…と基礎体温をはかるのを辞めてしまった方も多いのではないでしょうか?

毎日測るのはたいへんですが、基礎体温をつけることで今のお身体の状態を知る一つの目安にもなりますので当院にお越しの患者様にはつけていただいています。

基礎体温の正しい測り方はご存知ですか?

「朝目が覚めた時に測っています。」
「朝、同じ時間に測っています。」

患者様にお聞きするとその方によって違った答えが返ってきます。

厳密にいうと基礎体温は脳が覚醒した時に測ります。
なので、いつも同じ時間に測る必要はなく場合によっては夜中2時、3時にトイレに行きたくなり目が覚めた場合はその時に基礎体温を測る必要があります。

基礎体温をグラフにすることでわかってくることもあります。

ちゃんと排卵しているのか?

低温期、高温期の二層にちゃんと分かれているのか?

低温期の理想の体温があるのをご存知ですか?

理想の体温は36.2℃です。

卵はタンパク質でできています。
その卵をつくるために必要なタンパク質を合成するための酵素(アロマターゼ)は36.2℃で最も活性化します。

なので、低温期の時期に体温が高すぎたり低すぎてしまうと質の良い卵をつくるのに不利になってしまいます。

体温が高い方はカラダの中に熱がこもっている状態、体温が低い方は自分で熱をつくりにくい状態になっています。

この状態のお身体では妊娠しやすいカラダとはいえません…。

妊娠しやすい体質のカラダにしていく必要があります。

Kukunaでは、その方のカラダの状態にあわせて妊娠しやすいカラダづくりをしていきます。
鍼灸治療、骨盤調整、自律神経の調整、栄養、さまざまなサポートができると思います。

子供を授かりたいあなた!
私たちと頑張ってみませんか?

尼崎 西宮 不妊鍼灸整体Kukuna

 

top

 

お盆の診療時間のご案内 (尼崎 西宮 不妊治療 体質改善)

2018年07月31日

いつも当院をご利用頂きましてありがとうございます。

お盆休みは下記の日程でお休みをいただきます。

8月11日(土)~8月15日(水)

ご迷惑をお掛け致しますが

どうぞご了承くださいませ。

暑い日が続きますが、熱中症、事故など十分注意いただき

気をつけてお過ごしくださいませ。

 

尼崎 西宮 kukuna

妊活と月経周期(尼崎 西宮 不妊鍼灸 妊活整体 kukuna)

2018年07月26日

子どもが欲しいけれどなかなか授かることが出来ない…。

どうにかして子供が欲しいと妊活を頑張っている方がkukunaには来院されています。

 

妊活をされている方の中には自分でタイミングをとったり専門のクリニックに行き人工授精、体外受精をされている方もおられます。

 

なんとか授かるために自分でも何かできる事があるのではないか?

と自分なりに色々勉強されている方も多いです。

 

治療することに受け身になるのではなく、自分からという姿勢素晴らしいと思いますし、意識を少し変えることでカラダにもいい影響を与えられるのではと思います。

 

 

 

しかし、残念なことに色んな情報があふれすぎてしまっているがために、間違った認識をされている方も多くなっています。

正しい認識、知識を持つことも妊娠、出産への近道となります。

 

そこで今回は、基礎的な事ですが『月経周期』についてお話したいと思います。

 

 

理想の月経周期は28日となります。

あなたは月経周期はどのくらいですか?

28日よりも長く35日以上50日くらいに長くなってしまっている方、あるいは23日ぐらいと短くなっている方もいるのではないでしょうか?

 

月経周期は月経期、卵胞期、排卵、黄体期に分けることができます。

排卵するまでが14日、その後黄体期が14日あって生理となります。

 

生理から排卵までの14日を低温期、黄体期の時期を高温期とわけることもできます。

 

 

この月経周期は、周期によっていろいろなホルモンが働いています。

 

まずは卵胞期、この時期は名前の通り卵を育てるための時期です。

FSH(卵胞刺激ホルモン)が卵胞に働きかけ1日約2ミリ成長させていきます。

そして卵胞から出るE2(エストラジオール、卵胞ホルモン)が子宮に作用し子宮内膜を増殖させ頚管粘液の分泌を増やし受精、着床にむけて準備を行います。

 

そして卵が約20ミリくらいになるころに排卵をむかえその後、黄体期(高温期)となります。

この時期にはP4(プロゲステロン 黄体ホルモン)が活発に働きます。

このホルモンは体温を上昇させ子宮内膜を維持するために働きます。

 

 

そえぞれのホルモンの状態などが良くないと月経周期も乱れ良い状態のカラダを維持することが出来ません。

 

次回以降、低温期のカラダの状態、高温期の理想のカラダなどもう少し詳しくお話して行きたいと思います。

 

 

top

 

 

 

便秘 (尼崎 西宮 不妊鍼灸 体質改善)

2018年07月20日

東洋医学的にも便秘は様々な理由で起こる症状とされています。

体内に余分な熱が発生すると便秘が起こります。

熱を発生すると言われているものは、甘い物、脂っこいもの、過食とされています。それらを摂りすぎると、体内に熱が発生し、大腸の運化機能が低下し、便秘を引き起こすとされています。

同じように辛い物や脂っこい物の食べ過ぎで、症状は胃のあたりの灼熱感、呑酸、口臭などを伴うものもあります。

気滞、いわゆるストレスなどで起こる便秘は便の形が一定でなく、げっぷが頻繁に起こり腹部や胸の張り感を伴います。

気虚、いわゆる疲れ、食欲が無く栄養が不足している時に起こる症状ですが、そういった時の便秘は、なかなか便が排出されずに疲れる、疲労感を伴います。目まいを伴うものは血虚や陰虚(血の不足、滋養不足)によるものと考えられています。

 

何か心当たりはありましたか?

暑い日が続いて冷たい物を口にする機会が増えてしまったり、エアコンの効いた部屋に長時間いると、快適かもしれませんがカラダの深部が冷えてしまいます。

適度の水分摂取は必要です。しかし、清涼飲料水を水代わりに飲んでいる方は要注意。運動量にもよりますが、清涼飲料水には水分の吸収を良くするために糖分がかなり多く含まれています。少し薄めたり、お茶、ハーブティー、水などのシンプルな水分を摂取するようにしましょう。

お腹がグーっとなると空腹だ!と思ってすぐに何か食べたくなりますが、この時 腸はお掃除をしています。ずっと胃腸に食べ物が入っている状態だと胃腸の休まる時間がありません。このままでは食べても満腹感が無かったり、栄養が上手く吸収されなくなってしまいます。

食事と食事の間をなるべくあけたり、晩御飯はなるべく早い時間に済ませるか、それが無理なら消化の良い物をよく噛んで食べるように心がけましょう。

 

尼崎 西宮 kukuna

浮腫みやカラダのおもだるさ (尼崎 西宮 不妊鍼灸 妊活整体 kukuna)

2018年07月13日

先日はしっかりと水分補給をしましょう!という内容をお伝えしましたが、今日は「水分を摂りすぎていませんか?」という内容です。お水を飲んでもお腹に貯まって吸収されていないような気がする方 チェックしてみて下さい。

本来であれば沢山水分を摂取して、排出する事が理想です。

しかしそういった 当然の様な事が出来ないタイプの人もいます。

浮腫み、倦怠感、下痢、水分摂取するとお腹に水が溜まったように感じる。

お腹が冷えている、冷えを感じなくても触ってみるとひんやりしている。

便がゆるい(柔らかい、形がない)。

鏡の前で舌をベーっと出してみて下さい。なんだか丸みを帯びてぼってりし、口の幅いっぱいに舌がひろがっている(口角のと舌の間に隙間が出来ない)。

上記の症状が多く当てはまるほど「痰湿」と言う症状に当てはまります。

「痰湿」とは、東洋医学の考えでは脾・肺・腎の機能が低下し、体内の水分の代謝が上手くいかない、冷たい物の摂取による冷え、多飲などで水分を過剰に摂取する事により、体内に分配されず水分が溜まってしまう症状のことです。

しかしながら 人は何もしなくても2.5Lほどの水分を排出したり体表面から蒸発したりしていますので水分補給は必要です。

塩分、濃い味付のものは少し薄めの味付けにし、身体が水分を吸収し停滞しないようにする。

食事の時はよく噛んで消化しやすくする。

水分をとる時はこまめに摂る。

冷えを感じている方は太ももをにサポーターをつけるなどし、冷えやむくみ防止に。

冷たい物を控える。出来なければなるべく常温に近い物を摂取するか、一気に飲んだり食べたりせず、時間をかけて摂取する。

甘い物の食べ過ぎも身体を冷やし、脾の機能低下につながります。

こういった症状にはお灸や鍼治療は効果的。

気になる方はぜひご連絡下さいませ。

 

夏はこれから。

少しでも快適に過ごせるように日頃から身体のメンテナンスを!

 

熱中症と水分補給 (尼崎・西宮 美容鍼灸 不妊整体)

2018年06月26日

そろそろ熱中症が気になる暑い日が続くようになりましたね。

皆さんは日頃から水分補給 できてますか?

WBGT(暑さ指数)と言う日常生活に対する暑さ指針とういう指標が設けられています。

25度未満の日は

注意:「一般に危険性は少ないが激しい運動や重労働時には発生する危険性がある」とし、

次いで

警告(25~28度):「運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。」

厳重警戒(28~31度):「外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。」

危険(31度):「高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。」

と、注意を呼び掛けています。

アスファルトの上、公園など、場所によって体幹や温度もおおきくかわってくると思うので、常に注意が必要ですね。

また、屋内、外出時、場所を問わずこまめな水分補給、喉が乾いていなくても摂取するようにしましょう。

水分と言っても、真水よりも経口補水液と言って、水に食塩とブドウ糖を溶かしたものは、体への水分吸収が早いようです。今ではコンビニや薬局など、どこでも手に入りますね。

私は以前は水分を摂る事が出来ませんでした。しかし、水筒に一つまみの塩とレモンの果汁(もしくは輪切りにしたもの)を入れる事でスッキリ飲みやすく、塩のいやな癖もなくなって美味しく頂けるようになりました。

もし、経口補水液などを飲む場合 甘い味が苦手なので少し水で薄めたものを飲むようにしています。

私のように水分補給が上手くできない方は、何か工夫をしてみるといいかもしれませんね。

夏場でも乾燥したり、冬場は温度変化でかゆみのあった肌でしたが、今ではずいぶんと改善されました。

個人差があると思いますので、塩分や糖分摂取に制限がある人は、かかりつけのお医者様の指示に従ってくださいね。

鍼灸治療でも夏バテが改善できる場合もあります。是非ご相談ください。

暑さ対策としては風通しのいい綿や麻素材のものを着たり、帽子や日傘を上手く利用して

暑い夏を乗り切りましょう。

 

 

梅雨の時期の頭痛 (尼崎・西宮 不妊改善 鍼灸・整体)

2018年06月19日

雨が多くなるこの季節、天候の影響などで頭痛にお困りのかたは多いのではないでしょうか。

頭痛には偏頭痛、緊張型頭痛、群発性頭痛といった3種類があります。

まず偏頭痛は女性に多い頭痛です。片側にズキンズキンと痛むのが特徴で、嘔吐をともなうこともあります。

次に緊張型頭痛というのは頭の周りを何かで締め付けられるような痛みが起こります。緊張型頭痛により全身倦怠感、肩こり、めまいなどをともなうことがあります。子どもから大人まで起こりやすい頭痛です。

最後に群発性頭痛は男性に多い頭痛です。目がえぐられるような耐えられないほどの痛みと言われています。アルコールが原因と言われています。それ以外にもタバコや気圧の変化でも起こります。

対処法としてまず、片頭痛が起こった場合は安静にし、頭部を冷やすのが効果的です。

緊張型頭痛はストレッチをして簡単に身体を動かしましょう。また、入浴をして血行を良くすることも大切です。こういったことは予防にもなるので、日頃からおこなうと良いですね。ストレスを溜めないこともとても重要です。

群発性頭痛は薬で軽減させることもできますが、群発期にアルコールを摂取しないことが1番の予防です。

「列欠」と言う手首にあるツボは「頭項は列欠に尋ね」と言い、東洋医学では頭項部の痛み用いるツボとして有名です。

そのツボは手首のシワから人差し指と中指の指2本分上で、親指側の骨のでっぱりの上あたりになります。そこを優しく圧迫するか、お灸があればしてみるのも良いでしょう。

耳の付け根周り、特に裏側辺りは、目や頭をスッキリさせるツボが集まっていますのでこの辺りを優しく指の腹で圧迫するのも気持ちがいいです。

頭痛は予防しても起きてしまったり対処しても治らないことがあります。多くのかたが頭痛で苦しめられていると思いますが、鍼治療でよくすることができますので頭痛をお持ちのかたは当院にお越しください。

 

尼崎 西宮 kukuna

梅雨の時期の倦怠感(西宮・尼崎 不妊整体・鍼灸)

2018年06月15日

梅雨の時期は 頭が痛くなったり身体がだるくなったり食欲が無くなったりスッキリせず体調の悪い日が多くなります。東洋医学ではこういった体調不良を湿邪と呼んでいます。

湿が身体に溜まると身体が冷え、血のめぐりが悪くなったり、むくみの原因にもなります。ストレスもたまり、生理不順や皮膚も荒れやすくなります。

自律神経にも関わります。自律神経は女性ホルモンの影響で乱れやすくなるため女性のほうが症状がでやすくなります。

では湿を取り除く方法を紹介します。

湿を取り除くためには水分の循環をよくすることが大切です。

食品であれば トマト、キュウリ、スイカなども利尿効果があり、むくみに良いことは有名ですね。

ネギ、ショウガ、山椒、唐辛子、にら、ゆず、レモンなどの香味野菜と柑橘類は香りも良く胃腸の活発を助け体内の余分な水分の排出を助けてくれます。

こうやってみると季節野菜の多くは旬に食べるのがお勧めです。身体から熱をとり余分な水分を排出してくれます。

気をつけることは、加熱できるものはなるべく加熱したり温めて食べた方がいいという事。冷蔵庫で冷やし過ぎたものや生の野菜は体を冷やしてしまい胃腸の働きを低下させてしまいます。夏でもカラダの芯が冷えている人は

 

水は下(下半身)に溜まっていくので半身浴をするのもとても効果的です。散歩や運動をして軽く汗を出すのもいいですね。

ツボでいうと、足三里(膝のお皿の下から指4本下の一番くぼんだところ)、内関(手首のしわの部分から指3本いったところ)が最も優れています。この部分を指で軽く圧迫して刺激してみるのも効果的です。また鍼灸治療はこういった症状に効果的なんですよ。

少しでも思い当たる方は一度当院にご相談ください。

尼崎 西宮 kukuna

PCOSとは? (西宮・尼崎不妊整体・鍼灸)

2018年06月7日

最近は年齢に関係なく妊活に取り組まれている方が多くなっています。

その原因は様々あります。

排卵がしにくくなっていたり、卵管の動きや粘膜の状態が悪かったり、栄養の偏りやストレス、それから男性側の問題など。

今日は排卵障害の1つ、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)について少しお話ししたいと思います。

PCOSは若い女性の排卵障害で多くみられる症状です。テレビや雑誌などでも多く取り上げられています。

PCOSの症状は通常であれば、成熟した卵胞が大きくなり破裂するのですが、この症状の場合、卵胞が出来てそのまま卵巣の壁にくっついてしまいます。古くなった卵が卵巣に残ってしまっているので良い卵を育てるためのホルモンのバランスが悪くなり不妊の原因になります。

症状としては、生理周期が長い(35日以上)。生理が抜けるか、来ても出血が多い。血中に男性ホルモンが増える為ニキビが出来たり多毛になる。

考えられる原因は、ストレスによる自律神経の調節が悪くなる

食生活の乱れ、肥満。

ホルモン異常のため排卵が起こりにくい。

男性ホルモンの代謝が多いため卵の膜が硬くなり排卵しにくい。などがあげられます。

また、この症状が現在若い世代に増加した理由として考えられるのは思春期からの生活習慣の乱れ、ストレスなどが考えられます。

クリニックと併用しながら、栄養学を取り入れての食生活の改善、正しい呼吸法を身に付けお腹の循環を改善させる、ストレスを軽減することで妊娠への近道となります。

不妊鍼灸整体kukunaでは 骨盤から背中、首などの調節と鍼灸や温熱器などを併用し、体の歪みを正す事でお腹周りの血行を良くする事が出来ます。簡単なお家で出来るセルフケアの紹介もしています。歩き方の指導もさせて頂きますので、そうすることで正しい姿勢が長く維持できるようになります。そうする事で血行も良くなり、体温調節も上手くいき、妊娠しやすい身体へと変えていくことが出来ます

少しでも気になった方は是非一度 ご相談ください。

 

食事は体質改善にも重要ですが、ストレスにも関係してます。今後は食事に関する情報や、男性側の問題などのお話しについてもお話しさせていただく予定です。

尼崎・西宮kukuna