高温期の過ごし方(尼崎 西宮不妊鍼灸kukuna)

2020年10月16日

前回良い高温期とはどの様な状態かについてお話ししましたが、今日は高温期はどの様に過ごせば良いかをお話ししたいと思います。

高温期は体温が上がっている状態をキープする事が大切になります。

お腹周りや腰回りが冷えると良くないので、お腹周りや腰回りを冷やさない為にお灸や温熱刺激を入れて血流を改善して良い状態を保てる身体作りをしていきます。

その他にしっかりと深い呼吸をして全身に酸素が巡る様にする事も大切です。深い呼吸とは息を吸う時にお腹を膨らませて履く時にお腹を凹ます様にする呼吸です。この呼吸をする事で横隔膜をしっかりと動かしてお腹の中に圧力の変化を生み出し血管の開閉を促す事が出来ます。血管がしっかりと開閉する事で血流がよくなりますので子宮や卵巣にも血液が流れやすくなり体温がキープできる様になります。

寝ているときは靴下や腹巻などをしている方も多いと思いますが、するならあまりきつくないゆるめの物をつけるようにして下さい。きつい物をすると血流が悪くなるので逆に体温が下がる場合もあります。低温期は靴下などは避けてもらいますが、高温期も履かないでいられるなら履かない方が良いですが、どうしも履きたいという方はゆるめの物を履いてくださいね。

良い高温期をキープするには普段からお灸や呼吸などでセルフケアを行う事が大切になります( ´ ▽ ` )妊娠体質になる為の120日の努力!私達と一緒に乗り切りましょう!!

*お灸をどこにすれば良いかは動画をアップしておきますのでそちらもチェックしてみてください^^→https://youtu.be/4etxOsHgO4o

 

 

良い高温期とは?

2020年10月5日

朝晩が涼しくなり段々と秋の気配が感じやすくなってきましたね。

これから寒くなってきて妊活さんにとって、冷え性やしっかりと基礎体温が上がってくれないなどの体温について気になる方も多いのではないでしょうか。

女性は生理周期に合わせて基礎体温も変化しますが、その体温変化がうまくいかず中々体温が

上がらないという方も多くいらっしゃいます。

なぜ体温が上がらないといけないかというと、体温がしっかりと上がり体温変化がある事で、古い卵が消えやすくなり良い卵が育ちやすくなります。ただし体温は上がるが、高温期が安定せず上がったり下がったりする事は良くありません。安定した高温期が14日間続くのが最も良いとされています。

大切なのはそれぞれの周期に合わせて体温が安定してしっかりと温度差がある事です。

低温期は36.2℃ 高温期は36.7℃が理想の体温になりますので、まずは理想の体温になることを目指しましょう!!

次回は高温期の過ごし方をお伝えしたいと思います。

こちらもチェックしてみてください→https://youtu.be/8yI8T3e_86k

 

 

着床がしにくいのは何故?

2020年08月23日

暑い日がまだまだ続いて夏バテをしている方も多くなっているのではないでしょうか。

しっかりと栄養のあるものを食べて質の良い睡眠をして

自律神経の調節を上手に行い暑さに負けない体作りをしていきたいですね。

 

今日は、なかなか着床しないのはどんな原因が考えられるのかを

簡単にお話ししたいと思います。

基本的に着床しにくいのは、卵事態に原因があるのか、もしくは身体の中で炎症反応が起こって卵を弾いてしまっているかの2つが考えられます。

卵事態に原因があるというのは、卵が細胞分裂を行う際にエネルギーが必要になりますがそのエネルギーを作る事ができにくくなり着床がしにくい状態になると考えられます。

そのエネルギーを作るのが細胞内にあるミトコンドリアという器官になるのですが、そこが悪くなるとエネルギーが作れず卵が萎縮してしまい着床がしにくい状態になってしまいます。

ミトコンドリアが弱いとエネルギーの産生能力も下がりますから、ミトコンドリアを強くしないといけません。ミトコンドリアが弱くなるのは酸化ストレスが大いに関わります。酸化ストレスとはイメージとして卵がサビつく様なものです。サビついた卵は質も悪くなり老化も進みますのでミトコンドリアも弱くなりエネルギー産生がしにくくなるというわけです。

そこで酸化を防ぐために必要な栄養素がビタミンeとビタミンcになります。この2つは抗酸化作用があり老化防止にも役立ちますので、お肌の状態が気に方などにも良いかと思います。いくら良い栄養と採っても必要な場所に届かなければ意味が無いですよね。ですから子宮や卵巣の血流を良くして質の良い卵を作って行きましょう。

次回は2つ目の原因炎症反応についてお話ししたいと思います。

 

不妊鍼灸整体kukuna

 

こちらもチェックお願いします→https://funinshinkyu-kukuna.com/

妊活中に摂りたい鉄(Fe)のお話し (不妊鍼灸整体 kukuna 尼崎 西宮)

2020年07月29日

鉄は子宮環境を整えてくれ、卵胞の発育に欠かせないホルモンや

栄養素を運んでくれます。

鉄不足が続いたまま妊娠すると、ママだけでなく赤ちゃんも

栄養不足になってしまいます。

鉄は酸素を運ぶ作用もあるので鉄不足になると全身に酸素が行き渡らなくなり、

冷え性の原因にもなります。お腹の中の赤ちゃんにも酸素を届けなければいけないので

妊娠中は、より鉄の量が必要になる事が分かりますよね。

そこでどの様な食材に鉄が多く含まれるか、紹介していきます。

まず鉄は2種類あって、ヘム鉄と非ヘム鉄になります。

ヘム鉄の方が、非ヘム鉄よりも吸収されやすいです。

ヘム鉄を多く含む食材…赤身のお肉、レバー、しじみ、カツオなど

非ヘム鉄を多く含む食材…ほうれん草、小松菜、ひじき、油揚げなど

どうしてもお肉やレバーが苦手で、ほうれん草などの非ヘム鉄の方が摂りやすいという方は

タンパク質やビタミンB群、ビタミンCなどと一緒に摂ると吸収率が上がりますので

試してみて下さい^^

 

https://funinshinkyu-kukuna.com/

 

 

鍼って痛くないの?

2020年06月12日

妊活をするにあたって、体質改善をしたいと思っている方も

たくさんおられると思います。

運動をしたり食事を変えたりなど色々な方法がありますが

その中に鍼やお灸を使って行う体質改善もあります。

 

しかし鍼は痛そうでどうしても抵抗があるという方が多いのも事実です。

当院に来院される方にも鍼は怖いと思ってらしゃる方も

沢山いらっしゃいます。でも実際受けてみると全然痛くないという感想を

非常に多く頂きます。

当院で使用する鍼は髪の毛よりも細く痛みが出にくい形になっており、

初めての方にも受けて頂けやすい様になっています。

それでもやっぱり怖いという方には刺さない鍼を使用して施術を

行いますのでご安心ください( ´ ▽ ` )

冷え性や便秘は妊活中には大敵になりますので特にオススメです。

運動や食事と一緒に鍼やお灸などを上手に使って妊娠しやすい体を

手に入れましょう( ´ ▽ ` )

 

ホルモンについてはこちらチェック→https://funinshinkyu-kukuna.com/fsh/

FSHが高くてなかなか下がらない…

2020年06月11日

こんにちは!
今日はホルモンのお話です(^^)


FSHとは卵胞刺激ホルモンといい、卵胞の発育やエストロゲンの分泌を促進する働きがあります。

月経が始まると、FSHと一緒にLH(黄体形成ホルモン)が卵巣に働いて、卵胞が発育し、エストロゲンを分泌します。

そのFSHの数値が高いということは、卵巣の働きが悪かったり、卵胞がうまく育っていないということなんです(><)

 

卵胞が育たない

卵胞を育てなきゃ!卵巣働きなさい!

脳下垂体からFSHをたくさん出せ!と命令がくる

FSHの数値が高くなる

 

このまま何もしないでいたら、数値もさがりませんよね。。

 

不妊鍼灸・整体kukunaでは、卵巣の働きを良くするための治療を行っています(^^)b

 

人間が生きていく為には必要のない臓器(心臓や肝臓、腎臓などの方が生きるとゆう面では重要になります)、子宮や卵巣は、血液循環において後回しになり、不妊で悩まれている方はお腹がとっても冷えています。

子宮や卵巣の血液循環を良くすることで、お腹が温まり、栄養が行きわたるようになります♪
お腹の環境が良くなると、卵巣の働きも改善していきますよ。

 

鍼やお灸、整体などを組み合わせて、1人ひとりの状態に合わせた治療をさせて頂きます(^^)/

初回は無料相談・無料体験も行っておりますので、お気軽にお問い合わせくださいね♪

top

 

腹式呼吸で妊娠力UP!!(不妊鍼灸 整体 西宮市 尼崎市)

2019年06月18日

最近、スマホの普及やパソコンを使う仕事などが増えてきているせいか、猫背や姿勢が悪い人が増えてきています。

そのせいで、背中が丸まり息が吸づらくなり呼吸も浅くなります。

さらに、普段からこの姿勢でいると呼吸はどんどん浅くなっていきます。

胸式呼吸は浅い呼吸です。楽に呼吸ができる反面、新鮮な酸素を取り込みにくく、肺でのガス交換も十分にできません。

浅い呼吸が続いてしまうと、自律神経のバランスが乱れてしまい交感神経が優位になってしまいます。

対して腹式呼吸は深い呼吸で1回の呼吸で出し入れできる空気の量が、胸式呼吸のなんと3倍とも言われます。

少ない呼吸数でも多くの酸素を取り込めるので、肺や心臓への負担も減り、血圧も正常安定しやすくなります。

腹式呼吸で大きく息を吸ったり吐いたりすることで、胸郭や横隔膜の動きが活発になり、リラックス神経「副交感神経」が刺激されます。
妊娠力をあげるには、ストレスフリーなリラックスした状態を作ることが重要。

腹式呼吸は多くの酸素が肺の奥まで届くようにもなります。

そのため、酸素が効率よく体のすみずみまで運ばれます。

さらに横隔膜が上下に大きく動くことにより内臓がマッサージされ血流も良くなります。

血流が悪くなると子宮・卵巣も栄養不足で冷え切ってしまい妊娠しにくくなります。
つまり腹式呼吸ができるようになると血流や代謝がよくなり、自然と妊娠体質に!

 

~正しい腹式呼吸のやり方~

椅子に座るか仰向けに寝転がるなど、リラックスできる体勢を取り背筋を伸ばして鼻からゆっくり息を吸い込みます。

この時、へその下に空気を溜めていくイメージでお腹を膨らませます。

つぎに、口からゆっくり息を吐き出します。

お腹をへこましながら、体の中の悪いものをすべて出しきるように、そして吸うときの倍くらいの時間をかけるつもりで吐くのがポイントです。

回数は1日5回くらいから始め、慣れたら10~20回が基本ですがその日の体調などに合わせて無理なくやりましょう。

1回で多くの回数をするより毎日の継続が大事です!!

 

 

 

 

男性不妊の考え方 (不妊鍼灸 整体 西宮市 尼崎市)

2019年06月3日

ある医療機関によると、不妊の原因の約6割は男性側に問題があると発表されました。

最近はこの「男性不妊」がメディアでも取り上げられるようになり、以前と比べ男性も積極的に「妊活」「不妊治療」に参加する人が増えてきましたが、まだまだ女性まかせの人がいるのも現状です。

「卵の質を良くする」と同じように、「精子の状態を良くする」が妊娠するためには必要です💡

~精子の状態を良くするために~

⚠️禁煙

喫煙が生殖機能に及ぼすマイナスの影響については、これまで多くの報告がなされています。

喫煙は、勃起不全(ED)の原因ともなります。さらに 精子形成にも影響を及ぼし、精子の運動率を低下させたり、異常な形態をした精子の出現頻度を高める傾向があります。

⚠️ブリーフよりトランクスを

精巣付近の温度が高いと精巣の機能が衰えてしまいます。

ですから、下着は体温がこもるブリーフよりも、風通しの良いトランクスがおすすめです。

⚠️サウナに長時間入らない

高温のサウナは精巣を熱にさらすことになります。

熱くなったイスに座ると、精巣の温度がますます上がってしまうので気をつけて下さい。

⚠️ノートパソコンを膝にのせない

パソコンは熱を放出します。

膝にのせて作業をしていると、その熱が下半身に伝わって、精巣の温度が上がってしまうので、要注意です。

⚠️禁欲しすぎない

精子は常に生産されていますので、射精を多く繰り返すことで精子の量が減るということはありません

逆に禁欲期間が長すぎると精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなる傾向があります。

精子の生存期間はおよそ3日ですので、それ以上ためると、死滅精子(非運動精子)が増えてしまいます。

精子の質をよくするには、禁欲期間は1~2日くらいがよいと考えられます。

 

妊娠、出産にむけて何ができるのか、何をするべきなのか。

ご夫婦でゴールにむかい同じ方向をしっかり向いていくことが大切です。

男性不妊に対しての施術も行っております。

お悩みの方は一度当院にご相談下さい。

『糖質制限』はダイエットだけではない!!(妊活 不妊鍼灸 不妊整体 尼崎 西宮)

2019年04月8日

みなさん、『糖質制限』という言葉は聞いたことはありますか?

妊娠しやすい体質になるためには、日頃の食習慣が大きく影響してきます。

『糖質制限』という食習慣の言葉は当初、主にダイエットの分野を中心に広まりました。

実際に甘い飲み物やデザート類、ご飯(米)、パン、麺などの炭水化物である主食を抜くだけで、短期間に何キロものダイエットに成功した方も多いと思います。

 

実はこの『糖質制限』は妊娠のためにも有効なのです。

糖質制限のメリットに『糖化』を防ぐ効果があります。

糖化とは、タンパク質が糖と結合して変性してしまうことです。

これは、血糖値が140~160㎎/dl以上になると起こると言われ、タンパク質が焦げてしまうイメージです。卵子もタンパク質でできているからです。

卵子が糖化してしまうと、糖化は老化と意味しますので卵子の質に直結します。

実際に体内で糖化が進むと、卵巣機能の低下や体外受精の成績が低下してしまうということがあるみたいです。

 

糖化を防ぐためにも血糖値を必要以上に上げない食事を心がけましょう。

糖類を使った飲み物やデザートは極力摂らず、できれば炭水化物の主食もおかずを全部食べた後になるべく少量にすることをおすすめします。

また、果物に含まれる果糖はブドウ糖(炭水化物など)以上に糖化を促すので、できるだけ控えるようにしましょう。

 

しかし、やみくもに糖質制限をすることは要注意です!

 

過度なカロリーコントロールは妊娠を遠ざけてしまいます。

糖質制限を始めた人によくみられがちなのが、糖質制限に夢中になり過ぎて摂取カロリーがどんどん減ってしまい痩せすぎて反対に妊娠しにくい身体になってしまいます。

大切なのは糖質の摂り過ぎに注意しながら、タンパク質や質の良い脂質をしっかり摂ることです。

糖質を限りなく減らすことよりも『血糖値を急激に上げない食事をする』ことを意識する!!

これを忘れずに食事をしましょう。

ちょっとした努力が妊娠への近道になるかもしれません。

 

少しでも気になることがあれば、いつでもご相談下さい。

妊娠に向けての手助けは全力でさせていただきます。

一緒に頑張りましょう!!

 

 

まずは自分のカラダを知りましょう (尼崎市 西宮市 不妊鍼灸 不妊整体)

2019年01月16日

こんにちは。不妊鍼灸整体kukuna西宮院の山盛です。
2019年、新しい年になりました。今年も不妊鍼灸整体kukunaをよろしくお願いいたします。

年が新しくなると

「何か新しく始めよう!」

そんな気持ちになりますよね。

なかなか子供が授からないとお悩みの方も、
「妊活してみようかなぁ。」と始める方もいらっしゃると思います

「でも、何から始めたらいいの?」

そんなあなたに今回は何から妊活を始めたらいいのかお話していきます。

まずは自分のからだの事をもう一度考えてみましょう!

病院など専門的に調べなくても自分のからだの事を知ることができます。

まずは月経周期です。

あなたは毎月月経がきていますか?
何日くらいで月経がきますか?

月経周期ですが、妊娠しやすいからだを考えた時に理想は28日周期で月経がくるのが理想となります。

どうですか?

28日周期ですか?それとも短い?長い?

20日や22日くらいのように月経周期が短い方は卵子が未成熟のまま排卵している可能性があります。

逆に月経周期が35日や40日以上かかる長いタイプの方は、排卵するのに手こずり時間がかかっている可能性があります。

どちらのタイプの方にもいえることですが、短くなったり長くなっている方は「卵の質」が悪くなります!

次に自分のからだの事を知る方法として基礎体温があります。

基礎体温をしっかり測ることで、低温期と高温期ちゃんと2層になっているか、ちゃんと排卵しているか、排卵まで何日かかっているかなどを知ることができます。

低温期の時期に体温が高すぎたり高温期の時期に体温が上がったり下がったりガタガタの状態は「卵の質」が悪く妊娠しやすいからだとはいえません。

どうでしょうか?

妊活をするうえで何をしたらいいのか。
まずは自分のからだの事を知る事だと思います。

自分のからだの状態を知ることでこれから何をしていくべきなのか、何が必要なのかわかってくると思います。

私達は日々どうしたら妊娠するのかからだづくりを考えています。
あなたがどうして妊娠しにくいのか、どうすれば妊娠する事ができるのか、一緒に考えていきます。

どんな小さなお悩みでもお気軽にご相談下さい。


1 2 3 4 5